健康

【闘病記】大腸がん化学療法2クール目の感想

こんにちは、こんです!

先日、化学療法の2クール目を終えてきました。

1クール目の記録はこちらから↓

【闘病記】化学療法1クール目を終えて。フォルフォックス6をやってきました。

今回は入院期間が1クール目より短かったため、感覚としてはさくっと終わった感じでした。

これから抗がん剤治療に入られる方、副作用が不安な方の参考になれば幸いです!

※今回のスケジュールや副作用はあくまで個人的なものになります。

2クール目のスケジュール

1クール目の化学療法では、副作用や吐き気止め等の薬の作用を見るため、1週間と長めに取られていました。

前回やってみて特に大きな問題も無かったので、今回からは2泊3日!

点滴が抜けたらハイ!退院!ってやつです(笑)

私の場合、今回から分子標的薬のアバスチンが追加になりましたが、少々時間が延びただけで、入院日数は変わりませんでした。

体感として、1週間入院しているよりも体力の低下がなく、退院後の生活が割と楽でした。

吐き気止めも新しいものが追加されたのですが、これのおかげで絶食した日もなかったです。普通の量が食べられるようになるまでの回復時間が短く済みました。

化学療法中の体調の変化は?

1クール目の化学療法時と比べて、冷たいものを触ったときに出る痺れの頻度は上がったように感じました。

あとは、汚い話ですが2、3日出てくる大が水のように・・・wストマをまめにきれいにしたほうが良いですねw

ただ、それ以外は3日目と4日目が吐き気とだるさでぐったりしてしまうのは相変わらず(笑)

それを吐き気止めでなんとか抑えつつ、食べられるものを食べる・・・といった感じでした。

ちなみに今回もパンが大活躍。ごはんの匂いで具合悪くなっても、パンはなんとか口に入れられました!

帰ってから・・・

退院日は少々ふらつきましたが、吐き気止めも効いており入院日数も短いので全然動けました。今回は家族に付き添ってもらいましたが、最悪一人でも何とか帰れるかな?と思いました。(病院→家は電車30分+車5分の距離)

帰宅後は吐き気止めを友達に、横になっていました。翌日はほぼずっと横。

でも吐き気止めのおかげでごはんは何とか食べられますし、夕方になってくると縦になっていることもできました。

翌日以降は日に日に薬が抜けていく感覚でした。5日目にはほぼ完全に吐き気は無く、ごはんも完食!

2泊3日の抗がん剤スケジュール、いかがでしたでしょうか?(笑)

これから抗がん剤治療に望む方の参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【闘病記】0歳児ママが大腸がんになった話(発覚編)

【闘病記】0歳児ママが大腸がんになった話(手術編)

人工肛門とは?0歳児ママがストーマになった話