暮らし

大同電鍋とは?おすすめの使い方を紹介!

こんにちは、こんです!

本日は筆者愛用のスロークッカーにそっくりなキッチン家電、大同電鍋(大同電気鍋)をご紹介します!

スロークッカーは電気の力で煮こむ料理が得意なんですが、こちらの大同電鍋は「蒸す」「炊く」のも得意です!それもそのはず、大同電鍋の出身は台湾!(ちなみにスロークッカーさんは名前の通り欧米出身です。)

あちらではよく小龍包とか肉まんのような蒸し料理が多いですよね。肉の煮込み料理等、台湾では古くから愛されている逸品なんだそうです。

大同電鍋はどう使う??基本の使い方を紹介します!

大同電鍋の構造は、とっても単純です。

外釜、内釜の二層構造で、蒸し物に使えるプレートが付属しています。

使う際には、外釜部分に水を入れ、内釜に食材を入れて、煮たり炊いたりします。

蒸し料理の場合は、外釜に水をセットしたら、プレートを置き、その上に食材を置いたら準備OKです。

スイッチは炊飯と保温のみというシンプル設計。

タイマー機能はありませんが、外釜に入れる水の量時間を調節します。

基本放置プレイできるので、とっても楽です!ガスと違って焦げ付いたりとかがないので・・・。

以下のような料理におすすめです!

・煮る→カレー、煮物、スープ、お粥
・炊く→白米
・蒸す→肉まん、シュウマイ、野菜、蒸しパン

もちろん、これはほんの一部なので色々これから作ってみたいですね!

大同電鍋はここがおすすめ!

そして、大同電鍋のおすすめポイントはなんといってもデザイン!

ほら見て・・・。めっちゃ可愛いんですけど・・・。うっかり見つけちゃいました。

よくこういったコラボをするみたいで、過去にはハローキティさんとコラボしたこともあるそうです。基本的にはレトロでカラバリ豊富です!!でもドラえもん可愛い・・・。(笑)

大同電鍋、放置プレイしたいならぜひ!

筆者としてはスロークッカーもおすすめですが、蒸し料理ができて、タイマーなしでもタイマー機能(風)が標準なのが嬉しいなぁと思いました。

筆者激おしのスロークッカーについてはこちらから!↓

共働きの一家にこの家電!時短作り置きにはスロークッカーがおすすめの理由!

こっちのキッチングッズもおすすめ!↓

一台で色々できちゃう便利グッズ!グリラーのおすすめポイント