妊娠・出産

私が妊娠糖尿病?!出産までに行った対策まとめ!

こんにちは、こんです!

今日は私が妊娠中に発覚した妊娠糖尿病のことをお話したいと思います。

同じく妊娠糖尿病で悩む妊婦さんの力になれれば幸いです!

どうして妊娠糖尿病になっちゃったの??その原因とは?

こん
こん
ちなみに私は甘党です。

ひよこさん
ひよこさん
知ってた。

妊娠中何度も行う妊婦検診。

その度に毎回尿検査をしますよね?

恥ずかしながら筆者、初めの頃はなんのためにやってるのか全然わかっておりませんでした。

筆者が妊娠糖尿病と診断されたのは妊娠後期に差し掛かる頃。

妊娠中期に尿糖が+4(プラス4)と出たことで、追加の尿糖負荷検査をすることになったのでした。

なかなか採血がうまくいかないタイプの血管の持ち主である筆者は、何回も採血する負荷検査は避けたかったのですが(涙)

既に妊娠後期に差し掛かっていたため、インスリン投与等はせず、栄養指導のみでのりきることになりました。

原因については、自分としては確実に甘党が原因だったと思います。当時はつわりが収まった喜びから、大好きなパンやケーキをおやつに食べていたため、糖質をとりすぎていたのでしょう。

しかし、病院では同じ食事内容でも妊娠糖尿病になる人とならない人がいる、というお話を聞いたので、体質によるものが大きいのかもしれません。

その効果も人によると思いますが、栄養指導があってから、自分の中で気をつけた内容をまとめました。

妊娠糖尿病の対策!しんどいけどこれだけ気をつけよう!

・朝一の食事内容

・おやつの内容

・ご飯、おかずを食べる順番

・水分補給

朝一番の食事は、内容によっては急激に血糖値を上昇させます。いきなり甘いものやフルーツ、パンを食べるより、白湯を飲んだりゆで卵等のたんぱく質をとるようにしました。

おやつの内容も同様で、ゆで卵、チーズ、魚肉ソーセージといった栄養のとれるものにシフトしました。

どうしても甘いものが食べたいときは、糖質オフのおやつを上手く利用していました。

また、おかずの中でも、たんぱく質、野菜から食べ、糖質であるご飯を最後にすることで血糖値の上昇が抑えられるそうです。

水分で血糖値上昇を引き起こさないため、なるべくお茶や水を飲むようにしていました。

妊娠中はただでさえ制限が多く、ストレスもたまりますよね。

妊娠糖尿病と言われると不安になってしまいますが、今は糖質オフのおやつもたくさん売っています。

(妊娠糖尿病対策は糖質オフダイエットも参考にしてますのでw)

ストレスをなるべくためずに、出産まで乗り切りましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

何とか出産にこぎつけた!病院についてはこちらから!↓

横浜市民病院への入院レポート!

赤ちゃんが生まれるまえに用意しておきたい!ウォーターサーバーについてはこちらから!↓

ウォーターサーバーの実際のところ?赤ちゃん家庭で使った感想を口コミ!

どうしても甘いものが食べたいときは手作りで!(あかん)↓

冬のおやつも手作りで!簡単、お手軽な小豆の炊き方!