妊娠・出産

横浜市民病院への入院レポート!

こんにちは、こんです!

私は2018年8月に子供を出産しました。

その時にお世話になったのが、横浜市民病院です。

今回は私が出産したときのレポートをお伝えしたいと思います!

横浜市で出産する予定で病院を探している方、是非参考にしてください!

横浜市民病院で出産する場合の費用は?

部屋とか一日のスケジュールの前に、皆さん気になりますよね?出産費用。

今後も色々とお金がかかってくることを考えると、人それぞれ希望があると思います。

ちなみに、筆者の出産は

  • おおむね正常分娩
  • 妊娠糖尿病だったため、自分&赤ちゃんに追加検査、特別対応あり
  • 土曜日に出産、日曜~木曜まで計5日間の入院

といった感じで、安産ではありましたが全く何も無かった出産&入院生活というわけではありませんでした。

結果としては、出産育児一時金+1万前後でした。(※あくまで筆者の場合です)

なので、特に追加検査等が無かったり、もしくは平日だったりすると出産一時金の範囲内で収まるかと思われます。

出産一時金でほぼまかなえると思うと、一安心ですね!

入院する部屋はどんな感じ?

こん
こん
設備とか部屋の感じとか気になるよね。

さてさて、実際気になるのは入院生活だと思います。

横浜市民病院は母子同室なので、基本的には出産後、ずっと赤ちゃんと同じ部屋にいます。

でもしんどい時やちょっとコンビ二に行きたいとき、シャワーに入るとき等は、助産師さんに預かってもらえるので安心です。

部屋は特別希望しない限りは六人部屋で(タイミングによっては全部埋まってたり埋まってなかったり)、自分のベッド周りはもちろんカーテンで仕切れます。

部屋の設備としては収納棚とテレビ(見てる人いないけど)、あと授乳につかえるクッションが置いてあります。これがまたありがたい・・・!出産後、人によってはお尻がご臨終してるので、クッションなしでは座れません。

部屋の中にも洗面ボウルはひとつあるので、オムツ替え後の手洗いは部屋の中でしていました。

部屋の外に出ると、洗顔や歯磨き、手を洗ったりする大きな水場があります。

あと、もちろんシャワー(お風呂)もあります。ナースステーションで予約して、使用中の札をかけてから使います。人気の時間はすぐ埋まっちゃうので、朝の歯磨きがてら予約しておくが吉。

備品は基本ありません!

歯ブラシや洗面セット、お箸やスプーン、お絞り等・・・。

消耗品や衛星用品は基本持っていくつもりだと安心です。

こん
こん
ちなみにお部屋ではママさん同士の交流はそんなになかったよ!(産後だし赤ちゃんの事でいっぱいだからね)コミュ障でも大丈夫!

ひよこさん
ひよこさん
授乳室では夜寝ない赤ちゃんのママが集まって、妙な連帯感があったな・・・(遠い目)

 

そのほか

母子同室は赤ちゃんによっては全然眠れなくて大変ですが、横浜市民病院ではベテランの助産師さん達と共に一緒に頑張れる環境が整っています!

金額もお財布に優しいし、(設備はちょっと古いけど)スタッフの方々も信頼できるので、出産する病院の選択肢の一つに入る病院ではないでしょうか。

こん
こん
もっと知りたいことがあったら気軽に聞いてね!分かる範囲でお答えします!

 

妊娠中のお話はこちらもどうぞ!↓

私が妊娠糖尿病?!出産までに行った対策まとめ!

派遣社員でも産休・育休はとれる?実際の体験談口コミ!