暮らし

100均のタッパーはもう卒業?代わりに使える保存容器をレビュー!

こんにちは、こんです!

我が家は休みの日にまとめておかずを作っています。

ブラックSE時代からですから・・・かれこれ5年以上でしょうか。

その間ず~~っと100円均一で買えるタッパーを使ってたんですね。 壊れない限りは使えると思って。

で、ふと最近タッパーを改めて見つめてみたわけですよ。

すると、タッパーの底がざらざらしてる・・・?!(実は洗ったときに気づいてましたすみません)

いい加減買い換えよう!ちゃんとしたやつに!

ということで、この記事はその時迷った商品と実際使った商品のまとめです。

プラスチック?ガラス?ホーロー?タッパーの素材はどれがおすすめ??

タッパーと一口に言っても色々ありますよね。我が家もそれで散々悩みまして。

タッパー素材によるメリット、デメリットをまとめますね。

プラスチック製タッパーのメリット、デメリット

・軽くて扱いやすい

・中身が透明、半透明で確認しやすい

・電子レンジOK

・油モノ、酸の多いものはプラスチックが変質する可能性がある

・油汚れが落ちにくい

・蓋は電子レンジNGが多い

ガラス製タッパーのメリット、デメリット

・電子レンジOK

・中身が透明で確認しやすい

・汚れ落ちが良い

・油、酸に強い

・重くて扱いにくい

・割れる可能性がある

ホーロー製タッパーのメリット、デメリット

・直火OK

・見た目が不透明なので統一感が出る

・汚れ落ちが良い

・油、酸に強い

・電子レンジNG

・内容量が分かりにくい

タッパー、素材別でどう選ぶのがおすすめ?

さて、タッパーの素材ごとの特徴はつかめたでしょうか?

選ぶ際に大切なポイントはこちらです!

・電子レンジを使うかどうか

・中身はどんなものが多いか

・保存する量や期間はどれくらいか

一つ目の、電子レンジを利用するかどうかですが、これによりホーローを選択肢に入れるかどうかが変わってきますよね。

温めないものやサラダ等を一時的に入れたいのであれば、ホーローでもいいかもしれません。

次に、中に入れるものの違いです。油モノや酸の強いものを入れない場合はプラスチックでもアリです。逆にそのようなおかずを多く入れる場合は、ガラス製かホーローの方が長く使えます。

最後に、保存する量や期間ですが、主に扱いやすさに関わってきます。1週間分のおかずを一気に大量に保存したいのであれば、プラスチックのほうが扱いやすいですよね。重くても大丈夫、もしくは長く使いたいのであればガラス、ホーロー製も候補に挙がってきます。

上手く特性を利用してベストなタッパーを選ぼう!

ちなみに、我が家は

・電子レンジ必須

・中身が見えたほうが良い

・メインおかず(油の多いもの)も保存したい

ということで、ガラス製のタッパーに総とっかえ致しました!これが汚れ落ちもよく、思ったほど重くなくすばらしかったです。

見た目も統一感が出て、作り置きが楽しくなりました!

下記の他にも色々な大きさのセットがあるので是非みてみてください!

しかしながら、ガラス製タッパーのデメリットである重さの点が心配だったので、プラスチック製タッパーも少しだけ導入しました。

こちらには、サラダやゆで野菜といった油を使わないものを入れています。

こちらも扱いやすくて大満足の逸品です。ひとつだけしか買ってないので買い足そうか悩み中。

タッパー選びに悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

料理の作りおきするならこれ使いましょう!↓

共働きの一家にこの家電!時短作り置きにはスロークッカーがおすすめの理由!

大同電鍋とは?おすすめの使い方を紹介!

家事の時短ならこっちもおすすめ↓

掃除の頻度を下げられる!?おすすめの時短アイテムはこれ!